2014年09月19日

「ドミノ」ミドヴァニィ "Domino" Mdvanii

domino 4.jpg

秋祭りの季節である。
お祭りと言えば、ピンク色の大きな綿あめ。独特の甘く香ばしい香りがノスタルジックな思い出をよみがえらせる。

1992年に発表された「ドミノ Domino」と呼ばれた美しいミドヴァニィは、まさにピンク色の綿あめを想わせるビーハイブヘアーが特徴だった。それは、パリ美容界の大御所であった故アレクサンドル・ド・パリのデザインによるものであり、1960年代のムードが漂う。

                     domino 1.jpg

彼女が着ているのは、白地に黒い花柄プリントのシースドレス。腰の部分にピンクのリボンがアクセントに付けられ、小粋な黒いシルク・ジョーゼットのスカーフを首に巻いている。そして白いストッキングと手袋、黒いハイヒール・パンプス。装身具は、ゴールドと白のビーズによるイヤリングとゴールドのチェーンにハート型のペンダントトップがつけられたネックレス。濃いコーラル色の口紅がグラマラスなムードを増幅させている。

「ドミノ」と名付けられたミドヴァニィ作品には、数種類のバリエーションがあった。1992年の"Exclusive Representatives"カタログには、以下の通り3体の「ドミノ」ミドヴァニィの写真が掲載されている。

                domino 6.jpg

黒いビーハイブヘアーに白いシースドレス、同じく黒いビーハイブヘアーに黒地に白いプリントのシースドレス、そして白いビーハイブヘアーに黒いシースドレスのミドヴァニイたちだ。更に、当時、私が日本に上陸させたのが、上述のピンクのビーハイブヘアーのものや又、赤毛のビーハイブヘアー等もあった。

カタログの説明文の中で、ビリーボーイは彼女たちについて、"It's wildly glamorous......this look will topple her admires" 「それは、えらくグラマラスで、このルックは彼女のファンをよろめかせる」と述べていた。

                    domino 3.jpg

確かに、この「ドミノ」ミドヴァニィの魅惑と甘いピンク色の綿あめの誘惑に打ち勝てる人は多くないと思う。

レジン製
1992年
個人蔵

Photo (C) Sumiko Watanabe

Mdvanii and all related names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy*, and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com

なお、ミドヴァニィについての公式情報は以下のサイトもご参照ください。

http://www.mdvanii.ch/en/mdvanii/

Copyright (C) SW JAPAN 2014. All rights reserved.
posted by sumiko at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Resin Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする