2016年05月14日

「オランジュリのカクテル」イーディ "Coqueterre a l'Orangerie" Edie

  orangerie edie 1.jpg

モネの「水蓮」をはじめ、ルノワール、セザンヌなど印象派の絵画コレクションで有名なパリ・チュイルリー公園の中にあるオランジュリ美術館。この「オランジュリ」という名を冠したイーディ(ミドヴァニィの妹)作品が、今回ご紹介するものである。
作者ビリーボーイによれば、オランジュリ美術館で開催される展覧会プレビューのカクテルパーティーに多くのセレブと共に招かれたイーディの姿を表したという。

                        orangerie edie 4.jpg

彼女がまとう飛び切りのカクテルスーツは、1910年代のポール・ポワレ風の金と黒のラメ地のドレス(ローウエストの切り替えに、トップはオレンジ色のシルク)とお揃いのラメ地で作られたシャネル・スタイルのジャケットに、オレンジ色の羽毛のトリムが付いたカクテルハット。そしてオレンジ色のストッキングにプラットホーム・シューズを履いている。装身具は、金・黒・オレンジ色のビーズのイヤリングとネックレス。更に、ゴールドのカフス・ブレスレットがコーディネートされている。そのほか、彼女の持ち物として、ドレスとお揃いのラメ地でできたチェーン付きのショルダーバッグとカクテルグラスが用意されていた。
まさにフレンチ・ヴォーグから抜け出してきたようなカッコ良さだ!

               orangerie edie 5.jpg orangerie edie 2.jpg

なお、彼女のホワイトヘアーはモンゴリアン・ラムの毛によるものであり、メークはミステリアスなブルーのアイシャドーにオレンジ・ベージュのリップス。
非常に美しい、凄みさえ感じさせる顔からは、ティーンエイジ・ガールとは思えぬ貴婦人のような雰囲気と妖気が漂う。
極めて高いファッション性が特徴のポーセレン製イーディの逸品である。

因みに「コケッテール」とは、「カクテル」と「コケット(色っぽい女)」を掛けたビリーボーイの造語。彼は、こういう遊びが得意だ。

1997年制作
人形本体は、フランスのセーブル窯で焼成されたポーセレン製。

Photo (C) Sumiko Watanabe

mdvanii and all related names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyrights information.

http://www.fondationtanagra.com

ミドヴァニィについての公式サイトは以下のものです。

http://www.mdvanii.ch/en/mdvanii/

Copyright (C) SW JAPAN 2016. All rights reserved.
posted by sumiko at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Edie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする