2019年06月28日

恐ろしく高価な人形ミドヴァニィ Surreal Bijoux - Mdvanii (21)

        resin mdvanii 2.jpg

ビリーボーイの自叙伝的スキャパレッリ研究書「フロッキング・ライフ」(FROCKING LIFE SEARCHING FOR ELSA SCHIAPARELLI) より、第15章「シュールレアル・ビジューからミドヴァニィへ」(Surreal Bijoux - Mdvanii) の翻訳です。


恐ろしく高価な人形ミドヴァニィ

ミドヴァニィは世間を驚かせた。彼女はそれまで存在した全ての人形とかけ離れていたからだ。アート界の人々も彼女を理解しなかった。そして人形玩具会社といえば、商業的な製造バージョンを求めた。

標準的なドールコレクターにとってミドヴァニィは恐ろしく高価であった。最初の限定シリーズは500ドル。そして個々にハンドメードで入念に仕上げた一点ものは3000ドル以上。しかし、程無く、人形界とアート界の多くの人々は、彼女の価値を理解するようになる。
                 
思えば、アート界の観衆は最初は少なかったが市場は急速に成長し、今日、そのコレクター数はドールコレクター数を上回る。そんな状況にも拘わらず、ミドヴァニィ・ファンの成長は速かった。彼女がハンドメード・ドールで非常に限定された種類であることを考慮されて・・・。時には、ミドヴァニィを予約したから受け取るまで何週間どころか、何か月も待たされることがあった。しかし、誰も文句を言わなかった。100人のクライアントの内2人を除いては。
こうしたこと全てが興奮であった。
(渡辺純子 訳)
次回へ続く

トップの写真は一点ものミドヴァニィ。1990年頃。Photo (c) BillyBoy*

Mdvanii and all relaed names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy*, and used with permission click on this link for all copyrights information.

http://www.fondationtanagra.com

ビリーボーイのシュールレアル・ビジューのサイト

http://www.mdvanii.ch/en/article/surreal-bijoux-en
posted by sumiko at 18:21| 東京 ☁| Comment(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

ビリーボーイ& ララ、アート・バーゼルで注目 BILLYBOY* & LALA - FRAME art Fair 2019 at ART BASEL

 Jungle-Red-A bis.jpeg

ビリーボーイとララのアート作品が、世界で最も有名なアート・イベントのひとつである「アート・バーゼル」ART BASEL (スイス)でFRAME Art Fair 2019 (6月8日〜16日まで)に出品され、注目を浴びています。
彼らの今回のテーマは「ジャングル・レッド、ミスター・モダン・インテリア Jungle Red* Mister Modern Interior 」と題された新しいミドヴァニィイズムを表現。過去から最近までのアート作品を全て赤のインスタレーションによって見せるというものであり、それらには、彫刻、工芸品、シルクスクリーン画、写真等が含まれており、全てが普通の赤い色で塗られています。
「赤は、今、パーフェクトだ。警告、生命力、革命、レッドカーペット、そしてベーシックな口紅の色だ。」とビリーボーイは言い、「赤は、私たちに人生は短く、そして貴重なものだと思い起こさせる。」とララは言っています。

彼らから送られてきた画像をご紹介しました。お楽しみください。

        Jungle-Red-B.jpeg jungle red e.jpeg jungle red d.jpeg
写真左:ミドヴァニィとロギィ・ロギィの写真をシルクスクリーンに。写真中央:ミドヴァニィのマスクとミドヴァニイのパールのネックレスを人間サイズに変換したもの。"Fetch Me My Pearls" 写真右:アメリカ大陸の先住民ホピ族のカチーナ人形にインスパイアーされた木彫像作品。

                  jungle red c bis.jpeg

Photo (c) BILLYBOY* & LALA 2019.

posted by sumiko at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

ミドヴァニィとクエ・メソッド Surreal Bijoux - Mdvanii (20)

 marquise des anges.jpg

ビリーボーイの自叙伝的スキャパレッリ研究書「フロッキング・ライフ」(FROCKING LIFE SEARCHING FOR ELSA SCHIAPARELLI) より、第15章「シュールレアル・ビジューからミドヴァニィへ」(Surreal Bijoux - Mdvanii ) の翻訳です。


ミドヴァニィとクエ・メソッド

ミステリアスなロシアの家系に由来し、聡明な教養あるヨーロッパ女性としてミドヴァニィは、その人形ボディの構造においては性器も表現され、暗示的にはバイセクシャルであった。彼女には恋人がいた。ボーイフレンドではない。彼女のお気に入りの作家は、マルセル・プルーストとフランソワーズ・サガン。

私は彼女の最初のカタログに、私の師であるダイアン・ヴリーランドによる1950年代と1960年代のフレンチ・ヴォーグに掲載されたファッションショーのレビューを呼び起こすユーモラスなタッチで説明文を書いた。そしてこのカタログには、1960年代のバービー・ブックレットのイラストで知られるアメリカのイラストレーター、クライド・スミスによるファッション・イラストを掲載した。クライドは何度かパリにやって来た。又、ベッティーナ・グラツィアーニは彼の為に有名なポーズを取り、モデルをした。そしてそれらはミドヴァニィにユニークなファッション・スピリットを与えた。

            reception mondaine.jpg monaco.jpg
カタログに掲載されたクライド・スミスによるミドヴァニィのファッション・イラスト。左は「社交界のレセプション」(RECEPTION MONDAINE) 右は「モナコ」(MONACO)
記事トップの写真は、「美しき侯爵夫人」(MARQUISE DES ANGES)


ベッティーナ・ベルジェリー(ビリーボーイの伯母でダリやスキャパレッリと親交のあったヨーロッパ社交界で知られた女性)は、ミドヴァニィに特別なエスプリを吹き込んだ。ミドヴァニィが語った多くの事柄は、ベッティーナ・ベルジェリーがララと私にした会話から引用したものが多い。アイロニーとシュールレアリスト的なしゃべり方、そして「キャンプ」を愛した洗練されたファッションの陰の女王であったが、彼女は才気溢れる教養の高い女性であり、芸術と文化に関する膨大な知識を持っていた。

ベッティーナ・ベルジェリーのようにミドヴァニィは「クエ・メソッド」と呼ばれるフランスの心理学者で薬剤師エミール・クエ Emile Coue(1857-1926) が考案した哲学を完全に信奉していた。クエは28歳の時、アンブロワーズ=オーギュスト・リエボー Ambroise- August Liebaut (1823- 1904 フランスの医師、催眠研究家)と出会い、2年間ナンシーにあるリエボー医師の催眠クリニックでアシスタントを務めた。そして1901年まで、クエは催眠手ほどきのテクニックを利用していたが、1910年までにクエは古典的な催眠術を捨てて、彼自身が考案したテクニックに専念する。彼のテクニックとは、「貴方は良くなっている」という言語で表現する不変の注意を自分自身に与えることであった。因みに、彼の一般的意図の決まり文句は「毎日、毎日、私はより良くなっている」というフレーズだった。これを毎晩、少なくとも20回繰り返す。目を閉じて、変化のない暗示、人が眠りに落ちる前にリラックスするように。クエは、インドのマントラ・ヨガの実践と同じように、反復を数えるためにロザリオを使うことさえも示唆した。しかしながら、彼はそつなく、但し書きの警告を付け加えていた。「貴方が好きなだけ沢山唱えなさい。只、それが妄念になってはいけない」と。

                  billyboy and bettina bergery.jpg
ビリーボーイと伯母ベッティーナ・ベルジェリー 1980年代 Photo (C) BillyBoy*

二人のベッティーナとララと私、そして我々は、ミドヴァニィが日々この儀式を行うことをイメージした。
(渡辺純子 訳)
次回へ続く

Mdvanii and all related names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy*, and used with permission click on this link for all copyrights information.

http://www.fondationtanagra.com

ビリーボーイのシュールレアル・ビジューのサイト

http://www.mdvanii.ch/en/article/surreal-bijoux-en

posted by sumiko at 19:10| 東京 ☁| Comment(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする