2006年01月10日

Mdvanii from Paris 1990, Petite Ecolier パリ・モンマルトルの1月

petit ecolier small.JPGpetite ecolier small.JPGschaparelli small.JPG

冬晴れの青い空、白いサクレクール寺院をバックにモンマルトルの坂道を歩いているのは、"Petite Ecolier" (可愛い学生さん)ミドヴァニィだ。

今から22年前、私は、サクレクール寺院のあるモンマルトルの丘のふもとのアンドレ・デル・サルト通りに住んでいて、フランス語の学校へ通い、放課後は、しょっちゅうモンマルトルをほっつき歩いていた。
このミドヴァニィを見ていると、そんな昔の日々を思い出す。但し、私は彼女のように格好良くはなく、黒髪ボブということを除いて共通点なかったが・・・。

この作品は、スキャパレッリが使用したものと同じ素材の赤・黄・緑・黒のチェックのファブリックがジャケットに使われているのが見所である。そのジャケットのしたは、スカート部がフレアのグリーンのローシルク製のくるぶし丈のワンピースドレス。黒いスエードのベレー帽を被り、ハンドバッグと傘を手にしている。パリジェンヌらしい何ともお洒落な学生さんだ。

参考まで、1939年にスキャパレッリがカチャプオッティ侯爵夫人のためにデザインしたドレスの写真もアップした。
ビリーボーイは、スキャパレッリ研究の第一人者であり、スキャパレッリ・ファブリックの大コレクションを所有している。それらを、ミドヴァニィのため利用することもしばしばだ。

因みに、"Petite Ecolier"ミドヴァニイは、日本へ来ることはなかった。いまでも、モンマルトルを歩き回っているかも知れない。

Photo by BillyBoy*
スキャパレッリのドレスの写真は、1984年にパリで開催された「オマージュ・ア・スキャパレッリ」展のカタログより。

Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.
http://www.fondationtanagra.com


montmartre.JPGon dansera.JPG(3).jpg

最初に日本へ上陸したのは、写真の5種類のスタイルのミドヴァニィたちであった。
左から、"Place du Tertre" テルトル広場、"Montmartre" モンマルトル、"Ambassade" 大使、"On-Dansera?" 踊りましょう? "Place de la Concorde, Crillon" コンコルド広場のクリヨン。
各スタイル共、5点づつ。同じスタイルであっても、1体1体微妙に異なるメークとヘアースタイリングなど、各ミドヴァニィは、それぞれの個性持っていた。
日本最初の25体のミドヴァニィたちは、全員、先見の明のあるコレクターに所有された。


posted by sumiko at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Mdvanii from Paris 1990 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それぞれのミドヴァニィと背景とが絶妙にマッチしていて、実際の人形だけとは違う作品としての面白さがありますね。渡辺さんのコメントも興味深く拝読しています。
更新大変でしょうが、これからも楽しみにしていますので、よろしくお願いします。
Posted by hatanaka at 2006年01月11日 09:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック