2006年02月03日

Mdvanii from Paris 1990 前衛芸術画廊

gallery 7.JPGgallery 3.JPG

ニューヨーク時代のビリーボーイについては、故アンディ・ウォーホルが、「ウォーホル日記」(日本語版 文春文庫)の中で、あきれるばかりのエピソードをいくつも書いている。
10代で自分のオートクチュール・メゾンを持ち、ウルトラ・アバンギャルドなファッションを作っていた彼は、当時からマスコミの寵児であった。
彼の作品は、世界の美術館からも注目され、何点かのドレスがパリのルーブル美術館の服飾部門の永久コレクションとなった。

「前衛芸術画廊」ミドヴァニィが着ている水色の地にポップな柄がプリントされているシースドレスは、ルーブル美術館に収蔵されているビリーボーイのドレスをミドヴァニィ・サイズに縮小コピーしたものだ。赤又は、水色のコーデュロイのテーラード・ジャケットと黒いスエードのベレーなどとコーディネートされている。

ジュエリーは、ビリーボーイのシンボル、「グーン」(ジンジャー・ボーイとよく似ている)を、やはりミドヴァニィ・サイズに縮小したもの。

この作品は、10体限定制作され、各作品に、フランス人画家スカールの肉筆画が含まれることが呼び物でもあった。絵は全て異なり、タツノオトシゴとトカゲがレリーフされた金属製のフレームに入れられるという凝り様だった。

黒髪ボブ、細く弧を描く眉、真紅の唇、一種の凄みさえ感じさせるミステリアスな眼差しなど、初期の典型的な美人ミドヴァニィである。


Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy*, and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com

gallery 4.JPGgallery 5.JPG

日本へ上陸した「前衛芸術画廊」ミドヴァニィのバリエーションの一部。
10作品は、全て個人蔵。

posted by sumiko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mdvanii from Paris 1990 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック