2006年05月05日

世界で最も美しいブラック・ドール ディー Dheei

Mdvanii and Dheei small.JPG

1991年、ミドヴァニィ Mdvaniiの世界に美しい黒人女性が加わった。
彼女の名は、ディー Dheei
ミドヴァニィ Mdvaniiの親友という設定だった。

彼女は、ヨーロッパのエレガンスとアフリカン・プリンセスの身のこなしというイメージの結合により生み出されたブラック・ファッションドールであり、黒人女性の美しさと優雅さへのオマージュが込められていた。その魅力のキーワードは、インテリジェンス!ビューティフル!エレガント!だった。

彼女のボディは、全身レジン製。
そして、「ウルトラ・ネオ・ゼフィール」(超新しい微風)と呼ばれるカッパー色の髪(人毛ウィッグ)。それはミドヴァニィと同様、アレクサンドル・ド・パリのデザインによるものだった。
稲妻のように妖しく光るゴールデン・カッパー色のアイシャドーが、目尻のつりあがった褐色の瞳を飾り、このうえなくミステリアス!
又、「トレ・ゼフィール」と名づけられた艶やかなカッパー色のリップスティックには、当時のパリジャン・カラーのトレンドが反映されていた。

勿論、彼女のワードローブも、ミドヴァニィと同じく、全て、パリジャン・クチュールの技法と高級素材によって作られた。

写真は、ディー Dheei を紹介するドヴァニィ Mdvanii。2人は、非常に手の込んだビーズ刺繍がほどこされたシルクのボレロ・ジャケットにフルスカートのシルクのビスチェ・ドレスを着ている。
少し緊張気味のディー Dheei をリラックスさせようとするミドヴァニィ Mdvaniiがカワイイ。作者ビリーボーイ BillyBoy*の2人に対する親心(?)が反映されている良い写真だと思う。

Photo by BillyBoy*

Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademarks of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com

 Dheei 1 small.JPGDheei 2 small.JPGDheei 3 small.JPG

プロトタイプ衣装をまとうディー Dheei たち。
これらの写真は、ディー Dheeiの専用ボックスに印刷された。

余談だが、ジョッパーズ・スタイルのディーのホワイト・ヘアー・バージョンが1点のみ作られ、ナットキング・コールの娘ナタリー・コールのコレクションになっている。

私は、ディー Dheeiを初めて見たとき、レオノール・フィニの描く鋼のように強くしなやかで美しく、エキゾティックでセクシーな女性たちを思い浮かべた。なお、ディー Dheei という名前だが、ビリーボーイの養母で才色兼備なレズビアン女性に因んで命名したものだという。
ディー Dheei にも又、作者ビリーボーイの憧れの女性像が反映されていることは明らかだった。


posted by sumiko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Dheei | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17415757
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック