2006年05月10日

24時間のシック Vingt-Quatre Heures de Chic

Dheei 7 small.JPGDheei 8 small.JPG

「お金に糸目はつけないから、世間の人をびっくりさせるような究極のものを作って送って」といったかどうかは覚えていないが、1991年、ビリーボーイ BillyBoy* から本当に驚くべき作品が送られてきた。

届いたのは、天下無敵のウルトラ・ゴージャスなディー
本物のガーネットやシルバー、アンティーク・ガラスのビーズがびっしり刺繍されたバイオレットのシルクのボレロ・ジャケットにお揃いのビスチェ・ドレス、やはりバイオレットのシルクのペチコート、そして、ペール・バイオレットのシルク・ストッキングに手袋。試しに、ボレロ・ジャケットを脱がせてみた時、あまりの重さにびっくりした。

ディー Dheei 「24時間のシック Vingt-Quatre Heures de Chic」は、1991年に制作された驚異の一点もの特別作品である。

Dheei 9 small.JPG

彼女には24時間シックでいて欲しいと、前述のバイオレットのアンサンブルの他に、彼女のライフスタイルを暗示する2着のドレスと、それらにマッチしたジュエリーや小物がデザインされた。

夜会用のシックな装い:淡いベージュのジョーゼットのイブニング・ドレスに同色のシルク・ストッキング、手袋、イブニング・パース、パールのイアリングとネックレス、ゴールドのバロック手鏡とハンガー。

昼間のシックな装い:ネイビーと白のリバティー・プリントのデイ・ドレスに、ブライト・イエローのシルクのジャケット、ドレスとお揃いのスカーフ、白いシルク・ストッキング、ネイビーのトークハット、手袋、ハンドバッグ、イアリング、ネックレス、三日月型のブレスレット、ゴールド・メタルのハンドバッグ、香水瓶。

その他、ウィッグ・スタンド、ゴールドのエンジェル像、ゴールドの壁飾り、ペンダント・ネックレス、パース2種、シルバーのカフス・ブレスレット等という品揃えである。

ドレスは全てディテールにいたるまで、オートクチュール仕立てというこだわりよう。
20世紀フランスの服飾文化の粋が、箱の中の小さな世界に凝縮されたような極めてディープな作品である。
まさに、ウルトラ・シック!ウルトラ・ゴージャス!
ファッション・ドールというジャンルにおいて、私は、後にも先にも、このようなキチガイじみた作品を見たことがない。

個人蔵

Photo (C) Sumiko Watanabe

Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com


Copyrights (C) SW JAPAN. All rights reserved.
posted by sumiko at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Dheei | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
溜息が出る、どころか、息も出来ない美しさ。
Posted by 梅 at 2006年05月11日 14:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17601634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック