2006年05月28日

ALL THE CHIC AND MYSTERY OF INDIA

psychic indian 1 small.JPG

1992年、ミドヴァニィの世界に第3のキャラクターが誕生した。
それが、「サイキック・インディアン」(後のソラヤ Soraya)と呼ばれる写真の人形だ。

彼女は、古代インドのプリンセスの生まれ変わりかと思われるような神秘性とエレガンス、そして女神のような雰囲気をそなえた現代女性。プロモーション用の写真では、ライトアップされたエッフェル塔の前でポーズをとり、パリの魅惑をアピールしていた。
因みに、手前のペットの豹は、マイセンのもの。後ろのお姉さま方に引けをとらない美しさと存在感を示している。


黄褐色の肌に、ミステリアスなバイオレットの瞳、そして、アレクサンドル・ド・パリがデザインした大きく膨らませたカラフルなビーハイブヘアーは、'60sファッションから来ているもので、非常にモッズであると同時にインドの女神のムードでもあった。

衣装は、濃密なビーズ刺繍がなされたシルクのシースドレスに、半透明のシルク・ジョーゼットのサリー。各ディテールに、パリジャン・オートクチュールの魅惑が反映されている。

彼女は、ミドヴァニィ Mdvanii ディー Dheei の女友だち。2人と同様、知的で美しく気品があり、神秘的だ。そして、特筆すべきは、ビリーボーイ BillyBoy* が、この第3の人形に、「サイキック psychic」、つまり、第六感を象徴するスピリチュアルな人形、という特性を与えたことだった。それは、ファッションドールの世界において、初めてのものであった。

Mdvanii and all related names , and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com

psychic indian 2 small.JPGpsychic indian 3 small.JPGpsychic indian 4 small.JPGpsychic indian 5 small.JPGpsychic indian 6 small.JPG

日本に上陸したサイキック・インディアンたち。
全員並べた時の美しさと華やかさは格別だったが、当初は「サイキック・インディアン」というイメージが、コレクターになかなか受け入れてもらえなかった。とはいえ、数年の間に完売。今や、手放すひとがいない限り、入手できない、極めて貴重な作品である。

posted by sumiko at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Soraya | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勢揃い、大迫力ですね。
じっくり見ると「この娘綺麗、この娘もいいな。」って飽きないですね。一人一人に個性があるから…。
Posted by 梅 at 2006年06月02日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック