2006年07月06日

Mdvanii Society Game

Mdvanii Society Game small.JPG

ミドヴァニィ・ソサエティー・ゲーム Mdvanii Society Game
大人用 シックでスノッブ、とにかく楽しい!

セックス・シンボル、ノーベル平和賞、マイナー芸術家、王家の末裔、はたまた、ポップ・スター、学生、モード雑誌の記者、皆、ミドヴァニィの「おとりまき」になりたがっている。彼女は、自立していて、美しく、理想の友人だからね。

罠あり、スキャンダルあり、エロティックな出会いや、意外な出会いの散りばめられた道程を通して、自分用のカルマ・カードを見つけてください。失敗や仲たがいを避け、有名になれるか、はたまた、パリ中の嘲笑の的にされるか。ミドヴァニィの「おとりまき」に入れてもらい、ゲームに勝つためには、自分の「役」を選び、パートナーに出会い、セックス・ポイント10点、社交ポイント10点を獲得、さらに、どちらかのブティックで、個性的な服を買わなければならない。

ゲーム時間 2〜4時間  人数 2〜6人

以上は、ビリーボーイミドヴァニの世界をモチーフにデザイン制作し、1993年に発売された西洋双六「ミドヴァニィ・ソサエティー・ゲーム」の説明の一部である。勿論、これを書いたのもビリーボーイ

ゲームの参加者は、サイコロを振り、カルマ・カード(全部で130枚ある)を見つけ、その裏に書かれているメッセージに従って、ポイントを獲得したり、減らしたりしてコマを進めて行くのだが、カルマ・カードの内容があまりにもスバラシイので、いくつかご紹介したい。

●JANE Xとお熱いデート。セックス・ポイント5点追加。週末は休もう。

●変態男から、電話で猥談の嫌がらせ。C'EST INOUI (そりゃ、スゴイ!)のマスへ行き、女友だちにエッチな打ち明け話。

●日本人記者が、路上インタビュー。「セーフセックスを実行してますか?」「いきずりの浮気なんてしないから、心配ないよ。」と答える。でも、もし、そうじゃなかったら?セックス・ポイント1点減点。

●ACT-UPの運動家が、あなたの寝室に乱入。顔にルルドの聖水の詰まったコンドームを投げつけられる。そこで目が覚め、飛び起きる。夢だった。テディ・ベアを抱いて、もう一度おやすみ。浮気はダメ。安心第一。セックス・ポイント1点。

●逆上して、公式な場で、イギリス女王にキス!なんたるショッキングな出来事!社交ポイントを全て失う。

エロティックでウィットに溢れる、いかにもフランス・タッチのゲームである。
このゲームを楽しむには、フランス語をある程度理解できないと難しいが、ゲームとしての面白さ以上に、そのデザイン性に注目したい。
つまり、フランス語が解らなくても、実際にデームとして遊べなくても、持っていたいと思わせる大きな魅力があると思うのだ。
そして、これを購入したひとの殆どが、ゲームとしてより、インテリアとして、または、コレクションのひとつとして所有しているというのも事実である。

このゲームの最大の魅力は、ショッキング・ピンクの箱のふたの部分に印刷されているレジン製初期ミドヴァニィの頭部の絵であると言って差し支えない。
これは、前回、紹介したSUZYSUSIEの絵と同時期に、ビリーボーイが描いた10点シリーズの作品のひとつであった。オリジナルの絵は、1m×1mのキャンバスにシルクスクリーンでミドヴァニィの顔を表現し、バックの色を10点それぞれ違う色に塗り分けていた。

Mdvanii head 2.JPGMdvanii head 1.JPGMdvanii heads.JPG

非常にインパクトがあり、小悪魔的なミドヴァニィが実に誘惑的だ!

ミドヴァニィ・ソサエティー・ゲームは、当時、限定1200個作られ、そのうち50個が日本で販売された。箱には、限定ナンバーとビリーボーイの直筆サインが入っている。価格は2万円。(税込 送料込み)

現在、若干数の在庫が残っているので、興味の有る方は、SW JAPANまでお問合せください。

SW JAPAN
info@swjapan.net


なお、因みに、オリジナルの絵の方は、当時約120万円。現在はそれ以上の価値がある。

Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole name and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com





















posted by sumiko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Resin Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック