2011年11月17日

「プリュム・ドオール」ミドヴァニィ "Plume d'or" Mdvanii

plume d'or 1.JPG

きらめく黄金色の小さな羽根でできた髪に同色のアイシャドー、そして大きな黄金色の羽根にラインストーンが飾られたエキセントリックなネックレス。サファイア・ブルーの悩ましい眼差し、コケティッシュな真紅の唇。
「プリュム・ドオール」ミドヴァニィは、その名のごとく黄金色の羽根がモチーフの極めて魅力的な作品だ。前回ご紹介した「プティ・トリアノン」と同じく、1998年に一点もの特別コレクションとして制作されたものだった。

plume d'or 3.JPG

彼女が着ているのは、非常にグラマラスなイブニングドレス。黒とゴールド・ラメのロングスカートに袖なしのチュニック、ゴールド・ラメの長い手袋に黒いシルクのストッキングと黒いレースのパンティー、そして黒いマラブーのドラマチックなイブニングハットを被っている。

plume d'or 4.JPG

魅力のポイントのひとつである黄金色の羽根のネックレスは、シャネルのイアリングを利用したもの。そして、シャネル風のゴールドのカフス・ブレスレット。また、黒とゴールドのスキャパレッリ風の電話機型ハンドバッグも見逃せない。

plume d'or 2.JPG

黄金色の羽根の髪型は、スカルプテッド・ヘアーと呼ばれ、ポーセレンを小さな羽根状に形造られたもので、非常に手が込んだ仕事がなされている。

全体的に1920年代のムードが漂う驚きと美しさに満ちた名品だ。
深まりゆく秋の夜長、黄金色の羽根、「プリュム・ドオール」ミドヴァニィのイメージを楽しんでいただければと思う。

Photo (c) Sumiko Watanabe

Mdvanii and all related names and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com

Copyright (C) SW JAPAN 2011. All rights reserved.

posted by sumiko at 18:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Porcelain Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック