2012年04月16日

同性婚への挑戦を祝うニットのケーキ Wedding Challenge

celebration 1.jpg

お祝い 《 CELEBRATION 》         
BILLYBOY* & LALA 30 YEARS OF OSMOSIS PRIDE 30 JUN 2012


前々回の当ブログ記事でもお知らせしましたが、ミドヴァニィ・ドール MDVANII の創作者であるアーティストのビリーボーイとララ BILLYBOY* & LALA は、カップルとなってから今年で30年になる。彼らは、1982年からパリで一緒になり(因みに私が彼らと出会ったのは1984年だった)、1997年からスイスに拠点を移し、現在、ジュラ州の州都であるドゥレモン(バーゼルの南西30km)に住んでいる。先日もお伝えした通り、彼らは、今年2月6日に彼らの「シビル・ユニオン」の手続きをジュラ州で行い結婚したことを公表した。因みに、スイスでは同性結婚は法的に認められていないが、「登録パートナーシップ法」と呼ばれる法律が2005年に成立し、異性結婚の夫婦に準ずる権利が同性カップルにも認められ、保証されている。この「登録パートナーシップ」は、「ドメスチック・パートナー」とか「シビル・ユニオン」とも呼ばれている。

celebration 6.jpg celebration 7.jpg celebration 8.jpg
上の写真は、メキシコ系アメリカ人アーティスト、フェリックス・ド・エオン FELIX d'EON による1830年代のタロットカードを元にした3種類の結婚カップルのドローイング

ビリーボーイとララは、ジュラ州において「シビル・ユニオン」の手続きによって結婚したことを発表した最初のカップルであった。それ故、地元のマスコミが大騒ぎしたようだ。そしてその祝賀会が来たる6月30日(土)に行われる。折しも、当日は、スイスの「ゲイ・プライド」(同性愛者が同性愛者であることを誇ろうというイベント)の開催日。この機会に、同性婚への支持を象徴的なクリエーションによって社会に表明しようというプロジェクトが生まれた。

それはララのアイディアをベースにしたものである。高さ1mのニット製の3個のウェディング・ケーキ。各ケーキのトップに3組の結婚したカップル人形が乗せられる。ひとつめのケーキには伝統的な異性婚のカップル、そしてふたつめには男性のカップル、みっつめには女性のカップル。ケーキもカップルも全てニットで作られるというもの。

   celebration 2.jpg

既に、ドゥレモンの女性グループの手によって、素晴らし3個のケーキが完成しつつあるという。そして、最後の仕上げとなるのが、それらの上に飾る3組のカップルの人形だ。
ララは、フェイスブックの友人であるセシール・エレクティック・ジプシーランド Cecile Electic Gypsyland のブログとSW JAPANの当ブログを通して、世界中の人々に向けて制作の参加を募っており、日本から多くの作品が来ることを願っている。

   celebration 3.jpg

作品制作の条件は以下の通り。
●3組のカップル人形はどれも身長15cm。毛糸(鉤針編みなど何でも)で作られていること。レースやリボンなど他の素材は使用しない。
●伝統的な異性婚のカップルの場合:花婿はダークスーツの帽子(なくても良い)、花嫁は白いドレス。
●男性カップルの場合:ダークスーツ又はタキシードにトップハット。
●女性カップルの場合:白又はパステルカラーのドレス。
●どのカップルも人種を問わない。異人種カップルもOK。
●参加作品の中から、3個のケーキの上に飾る3組のカップル人形が選ばれる。そして選ばれたカップルの製作者には、ビリーボーイとララからオリジナルのアートワークスの写真が贈られる。
●また、参加者全員に、ビリーボーイとララからプレゼントが贈られる。
●全作品は、制作者の名前と都市、国を明記し、スイス・ドゥレモンの市役所に展示される。

   celebration 4.jpg 

3個のウェディング・ケーキは、6月30日(土)の祝賀会のカクテル・パーティーで、ジュラ州の知事やゲイ・プライドの組織メンバー、一般市民やゲストの前で初公開されることになっている。

このプロジェクトは単に、ビリーボーイとララの「シビル・ユニオン」の結婚を祝うためのものではなく、人間の平等、差別や偏見のない社会を目指そうという象徴的なイベントと言っても良いと思う。
興味のある方は、ぜひニットのカップル人形の制作に参加されてはいかがでしょうか?

celebration 5.jpg

作品は、6月15日(金)までに届くよう、下記のスイスのタナグラ財団宛に直接お送りくださるか、

BillyBoy* & Lala, Fondation Tanagra, CP6107, 1002 Lausanne, Swiss

      celebration 9.jpg

又は、SW JAPAN 宛に6月1日(金)までにお送りください。
SW JAPAN
〒154-0005東京都世田谷区三宿1−28−4

お問い合わせ:info@swjapan.net

Mdvanii and all related names and the name of BillyBOy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com/

Copyright (C) SW JAPAN 2012. All rights reserved

posted by sumiko at 15:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック