2012年10月23日

「夜のにおいあらせいとうの花」ソラヤ "Giroflee du soir" Soraya

giroflee du soir 1.jpg

秋色のゴージャスなドレスを着た小麦色の肌のミステリアスな美女。彼女の名はソラヤSoyara.
ミドヴァニィMdvaniiの世界に、インドのエキゾティシズムとパリ・ファッションの魅惑をもたらした第三のキャラクターであり、また、世界で初めての「第六巻」を象徴したファッションドールであった。

本作品は、1998年夏に発表された「13の一点ものスペシャル・コレクション」のひとつ。ポーセレン製のソラヤである。

giroflee du soir 3.jpg giroflee du soir 1.jpg giroflee du soir 2.jpg

彼女が着ているのは、スキャパレッリ的な装飾とアイディアが光る素晴らしく魅惑的なイブニングドレス。オレンジ色の地に金色の糸で刺繍されたボディス(ピンクのモールの飾りつき)とプルーン色のシルク・ジャージーのスカートから成る手の込んだドレスだ。そして、沢山のビーズが刺繍されたスキャパレッリ風のエビ色のラム・レッグ・グローブス(子羊の足のような形をした長い手袋)。その上にシャネル風のゴールドのカフス・ブレスレットをはめている。ドレスとマッチしたゴールドの籠型ハンドバッグもユニーク。
また見どころのひとつは、「スカルプテッド・ヘアー」と呼ばれるポーセレンによる彫刻的な仕上げのヘアースタイルだ。ピンク、バイオレット、ゴールドに彩色された木の葉型の髪の上に小さなパールがちりばめられている。
メーキャップも髪型に合わせ、ゴールドの入ったピンクのアイシャドーにつややかなピンクのリップス。
各ディテールにオートクチュール的なこだわりとセンスが反映されたヴィンテージ・ソラヤの忘れられない名品である。

因みに、「においあらせいとう」は、春に香の良いオレンジ・イエローの花を咲かせるという。つまり、春の花ではあるが、このソラヤのドレスは完全に秋を想わせる色合い。まだ暑さが少し残る秋の夜に狂い咲きしたかのような「においあらせいとうの花」の芳香をお楽しみください。

人形本体は、フランス・セーブル窯焼成のポーセレン製。1998年制作。個人蔵

Photo (C) Sumiko watanabe

Mdvani and all related names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com

Copyright (C) SW JAPAN 2012. All rights reserved.
posted by sumiko at 17:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soraya | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック