2017年11月25日

シュールレアル・ビジューからミドヴァニィへ(6) Surreal Bijoux - Mdvanii 6

   sex9 for blog.jpg

ビリーボーイの自叙伝的スキャパレッリ研究書「フロッキング・ライフ」(FROCKING LIFE SEARCHING FOR ELSA SCHIAPARELLI) より、第15章「シュールレアル・ビジューからミドヴァニィまで」(Surreal Bijoux - Mdvanii) の翻訳です。

カラフルで皮肉たっぷりのガラクタがインスピレーションを与えた

私たちの仕事には、様々なものからの影響が満ちていた。多くの1960年代ポップ・カルチャーとの関連がある。例えば、ファニーフェイスの飲料キャラクターのグーフィ・グレープとチュウチュウ・チェリー、トロール・ドールズ、ガンビィとポーキーズ、スー博士と彼の世界など。又、素晴らしくキュートなハスブロ玩具社の「ペティーナ」(プードル犬のファッションドールで、イブ・サンローランのモンドリアンドレス等お洒落な衣服を着ていた)、そして「マイ・リトル・ポニー」のフィギュアたち。ハンナ・バーベラ漫画ショー・スタイルの厚紙でできたドールハウス「フリンストーン・ハウス」の陽気でキャンプな雰囲気。そして、ルーブ・ゴールドバーグ・スタイルのネズミ取り罠ゲームは、私たちの創作品に奇妙な新しい方法の型を運んできた。様々な場所、全ての時代、どこででも、至る所からのカラフルで皮肉たっぷりのガラクタは、等しく、私たちに創作の霊感を与えてくれたのだ。

世界的に賞賛されていた馬を専門とした畜産家であったアレク・ヘッドに、光栄にも、ノルマンディーにある彼の有名な馬小屋でランチをご馳走になった時、私の創作魂は、ヘルメスのものとはどこも似ていない一風変わった女性騎手(サーカスで馬に乗って曲芸する芸人)に関連するイメージを捉えた。

これらの美しい物事の全てが、熟考され、冗談をかわし、そして、それらは愛情に満ちた、持続性の高い方法によって、あらゆる性質の物の中へ形作られ、容易には理解できない思考のひとつの大きな混合の中へと包み込まれたのだった。シックというテーマは、又、遊びの中からやって来て、変化するイメージの辛辣なトリップの中に歪められて包含される。私たちの創作にとって、大き過ぎる、飾り立て過ぎる、奇妙過ぎるものは何もなかった。私たちの作品を見て、最初のショックが消えた後、人々は私たちの仕事を理解してくれたように思えた。それが本当であろうと、何であれ、私は幸せだった。多分、この時代は、このようなクレージーな物が、世界中のアーティストと職人たちによって作られ、価値を認められた最後の時代ではなかったかと、私は思う。今日、ダークな考えが全ての領域で幅を利かせているが、私たちの作品は、昔も今も、非常に大きなポジティブな波動を送っている。なぜなら、それらは幸福と愛によって作られているからだ。そこには、時々、悪意や悪魔との関連があるかも知れないが、それは、ちょっと、仄かにスパイスを使ったようなものである。(渡辺純子 訳)
次回へ続く。

トップの写真は、"Safe Sex" (セーフセックス)と名付けられた1987年〜1988年の作品。ニューヨークのバーニーズの展示会の為に制作したもの。

Photo (c) BillyBoy* & Lala 2017. All rights reserved.

ビリーボーイのコスチューム・ジュエリー作品5点が、先日、クリスティーズのオークション「ジュエリーとしてのアート」に出品され、ロンドンのプレスで大評判でした。以下のサイトをご覧ください。

http://www.townandcountrymag.co.uk/style/accessories/christies-launches-art-as-jewellery-sale

http://www.vogue.co.uk/article/a-warholian-tale-of-art-as-jewellery

Mdvanii and all related names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy*, and used with permission click on this link for all copyrights information.

http://www.fondationtanagra.com

ミドヴァニィに関する公式サイトは以下のものです。

http://www.mdvanii.ch/en/mdvanii/
posted by sumiko at 17:31| 東京 ☀| Comment(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。