2017年12月11日

シュールレアル・ビジューからミドヴァニィへ(7) Surreal Bijoux - Mdvanii 7

 Mae West for blog.jpg

ビリーボーイの自叙伝的スキャパレッリ研究書「フロッキング・ライフ」(FROCKING LIFE SEARCHING FOR ELSA SCHIAPARELLI)より、第15章「シュールレアル・ビジューからミドヴァニィへ」(Surreal Bijoux - Mdvanii)の翻訳です。

パリのラペ通り

ララと私は「ビリーボーイ・シュールレアル・ビジュー」BillyBoy* Surreal Bijoux と名付けたアトリエ、オフィス、ショールームをラペ通り6番地にオープンした。そこは、かつてスキャパレッリがパリで彼女のキャリアをスタートさせたラペ通り4番地のすぐ近くであった。私たちの新しいアドレスは、カルティエ、ブシュロン、メレリオ・ディ・メレー、ヴァン・クリーフ&アーペルといった高級ジュエリー店が立ち並ぶ通りであるという素晴らしいロケーションだった。コスチューム・ジュエリー・デザイナーが、あえて、この特権的な地域に店を構えることは、かなり厚かましい。

                 surreal bijoux for blog.jpg

仕事部屋は2階にあり、古いパリ様式の階段を上って行かねばならなかった。何の装飾もない、只4つの部屋だけ。しかし、それを手に入れたことは信じられないようn幸運であり、私にとって、スキャパレッリからの時空を超えたウィンクのように思えた。私たちは、これらの部屋を黒と白のリノリウム・タイル、少しぐらつくアールデコ・テーブルとイスなどで飾った。僅かにアンティークな雰囲気で、変打法的。又、初期のイケアの家具も、何故なら、それらの黒い机は、スキャップ(スキャパレッリのブティック)のスタッフがかつて使用していたものを連想させたからだった。(渡辺純子 訳)
次回へ続く。

トップの写真は、ビリーボーイが1980年代後期に制作した「メエ・ウエスト」と名付けられたネックレス。

(c) BillyBoy* and Lala 2017. All rights reserved.

Mdvanii and all related names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy*, and used with permission click on this link for all copyrights information.

http://www.fondationtanagra.com

ミドヴァニイに関する公式サイトは以下のものです。

http://www.mdvanii.ch/en/mdvanii


お知らせ
ビリーボーイの肉筆絵画「未来の内観的ミドヴァニィ女性たち」THE INTROSPECTIVE MDVANII WOMEN OF THE FUTURE のセールをいたします。
ご興味ある方には、カタログをお送りいたしますので、当ブログ管理人までご連絡ください。

posted by sumiko at 15:33| 東京 ☀| Comment(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。