2019年06月28日

恐ろしく高価な人形ミドヴァニィ Surreal Bijoux - Mdvanii (21)

        resin mdvanii 2.jpg

ビリーボーイの自叙伝的スキャパレッリ研究書「フロッキング・ライフ」(FROCKING LIFE SEARCHING FOR ELSA SCHIAPARELLI) より、第15章「シュールレアル・ビジューからミドヴァニィへ」(Surreal Bijoux - Mdvanii) の翻訳です。


恐ろしく高価な人形ミドヴァニィ

ミドヴァニィは世間を驚かせた。彼女はそれまで存在した全ての人形とかけ離れていたからだ。アート界の人々も彼女を理解しなかった。そして人形玩具会社といえば、商業的な製造バージョンを求めた。

標準的なドールコレクターにとってミドヴァニィは恐ろしく高価であった。最初の限定シリーズは500ドル。そして個々にハンドメードで入念に仕上げた一点ものは3000ドル以上。しかし、程無く、人形界とアート界の多くの人々は、彼女の価値を理解するようになる。
                 
思えば、アート界の観衆は最初は少なかったが市場は急速に成長し、今日、そのコレクター数はドールコレクター数を上回る。そんな状況にも拘わらず、ミドヴァニィ・ファンの成長は速かった。彼女がハンドメード・ドールで非常に限定された種類であることを考慮されて・・・。時には、ミドヴァニィを予約したから受け取るまで何週間どころか、何か月も待たされることがあった。しかし、誰も文句を言わなかった。100人のクライアントの内2人を除いては。
こうしたこと全てが興奮であった。
(渡辺純子 訳)
次回へ続く

トップの写真は一点ものミドヴァニィ。1990年頃。Photo (c) BillyBoy*

Mdvanii and all relaed names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy*, and used with permission click on this link for all copyrights information.

http://www.fondationtanagra.com

ビリーボーイのシュールレアル・ビジューのサイト

http://www.mdvanii.ch/en/article/surreal-bijoux-en
posted by sumiko at 18:21| 東京 ☁| Comment(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。