2016年08月15日

サイバー・セクシャル・ミドヴァニィ「アウト・オブ・ザ・ブルー」 CYBER SEXUAL MDVANII "OUT OF THE BLUE"

  blue 7.jpg

青い、青い、吸い込まれるように深いコバルトブルーの空。金色に塗られたボディを輝かせ、スカイダイビングしているように見えるミドヴァニィ。彼女の足元には、ショッキングピンクの絞り染めのイブニングドレスが置かれている。それは、まるでセミの抜け殻のようにも見え、美しいドレスを脱ぎ捨て、ファッションドールという殻から脱皮し、新しいステージへ向かうミドヴァニィのスピリットを象徴しているかのようだ。

                    blue 3.jpg

この鮮烈なイメージと象徴性に満ちたミドヴァニィは、サイバー・セクシャル・ミドヴァニィ「アウト・オブ・ザ・ブルー」と題され、"Mdvanii ceci n'est pas une poupee" (ミドヴァニィ、これは人形ではない)というパラフレーズと共に、2007年に発表された7体の作品のひとつである。

           blue 5.jpg blue 4.jpg
    
彼女は、鮮烈なブルーの合成素材が敷き詰められ、不揃いな石のパターンが表現されたリノリウム板の扉が付いた木製の箱に、胸から下を金色に塗られたヌード姿で首に赤いリボンを結び、黒いコードによって吊り下げられている。そして足元に置かれたドレスを着せることはできない。この独特の審美的表現は、隠喩における願望の隠された目的(それにより、結局はフラストレーションが起こされる)を暗示しているのでは、という見方もできるであろう。
さまざまな解釈が可能であるが、作者であるビリーボーイとララの創作への新しい挑戦を象徴していることだけは間違いない。

因みに、私は、日本へ上陸したばかりの彼女たち7体が並んだ姿を見たとき、プレアデスの星々になったアトラスの7姉妹(ギリシャ神話)を思い浮かべたものだった。

                    blue 8.jpg

何はともあれ、非常に悩ましい作品である。そして無条件に美しい美の女神だ。
「私は人形ではない」と言う、このパワフルで魅惑的なミドヴァニイの少女のような顔、その切れ長の目は一体どこへ向けられているのだろうか?

2007年制作
人形本体はレジン製
7体限定制作されたうち、現在5体の在庫があります。ご興味ある方には情報を送りいたしますので、管理人までご連絡ください。

Photo(c) Sumiko Watanabe

mdvanii and all related names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on thin link for all copyrights information.

http://www.fondationtanagra.com

ミドヴァニィに関する公式のサイトは以下のものです。

http://www.mdvanii.ch/en/mdvanii/

Copyright (c) SW JAPAN 2016. Allrights reserved.
posted by sumiko at 18:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Cyber Sexual Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

New Cyber Sexual Mdvanii OUT OF THE BLUE ニュー・サイバー・セクシャル・ミドヴァニィ 「アウト・オブ・ザ・ブルー」

blue 2 up blg.JPG

約2年ぶりにミドヴァニィMdvaniiの新作が発表され、日本に上陸した。ニュー・サイバー・セクシャル・ミドヴァニィ「アウト・オブ・ザ・ブルー」New Cyber Sexual Mdvanii OUT OF THE BLUEである。

blue 1 up bis.jpg blue 2 up blg.JPG blue 3 up blg.JPG blue 4 up blg.JPG blue 5 up blg.JPG blue 6 up blg.JPG blue 7 up blg.JPG blue 3 box

キャビネット型の木製の箱の中の青空を想わせる空間に、黒いコードによって吊り下げられた金色のボディを持つミドヴァニィ。彼女の足元には、ショッキングピンクの絞り染めのイブニングドレスが置かれている。それはまるで、セミの抜け殻のようにも見え、美しいドレスを脱ぎ捨て、ファッションドールという殻から脱皮し、新しいステージへ向かおうとしているミドヴァニィのスピリットを象徴しているように思える。あるいは又、手に入れることが困難な夢や願望を表しているのかも知れない。
鮮烈なイメージを与え、様々な解釈を可能にさせる。

「ミドヴァニィ、これは人形ではない。Mdvanii 《ceci n'est pas une poupee》のパラフレーズと共に大きく進化した新しいミドヴァニィの魅力を披露する展覧会を下記の通りにすることになった。

会期:2007年7月2日(月)〜7月8日(日)
   午前11時〜午後7時まで 最終日は午後5時まで
会場:ギャラリー悠玄2F
東京都中央区銀座6-3-17 悠玄ビル
   Tel 03-3572-2526
地下鉄銀座駅C2出口より徒歩2分
   JR有楽町駅銀座口より徒歩5分  


map BLUE+omote.jpg

新作の他、現在販売可能な在庫作品も展示販売する予定。
古き良き銀座の趣きが感じられるステキなギャラリーだ。有名な銀座の泰明小学校のすぐ側。ぜひ、ご来場ください。

◎新作のカタログをご希望の方は、管理人までご連絡を。

なお、作者ビリーボーイ&ララBillyBoy* & Lalaは、新作の発表と共に、彼らの制作理念の新しい方向性について、「ミドヴァニィイズム Mdvaniiism」という概念を提示し、説明している。

alien.jpg grace-jones.jpg coffee.jpg 
funny-hats.jpg Party3.jpg

上の写真は、上段の3枚が華麗なるエイリアンのビリーボーイBillyBoy* 下段左がフランス男の粋を見せるララLala 右が二人の息子、ポップな美青年アレクAlecの面々だ。


ミドヴァニィイズム Mdvaniiism
ビリーボーイ&ララによる新しいアート・イズム(芸術主義)


ミドヴァニィは、彼女の誕生以来、絶えることなく、現代アートにおける人間を描写する人形の意味と境界を拡張してきた。初めは、大人のための解剖学的に正確な最初のファッションドールとして紹介され、その後、彼女は、「ライフスタイル」を表す彫像として、また写真や絵画、インスタレーション等、多くの芸術的な形態と特質の中で、彼女の基準を探求し、そして越えてきた。これが、何故、ミドヴァニィが単なる人形ではないかということの説明である。

ミドヴァニィイズムは、木にたとえることができる。その根は、ミドヴァニィの歴史にあり、そして無限の社会的文化構成要素と体験が土壌となって、ミドヴァニィの脳や魂を育成する。その枝や葉は、日光に向いており、生命力や人生への永久的な願望と苦闘を示している。

7つの「アウト・オブ・ザ・ブルー」作品は、ミドヴァニィイズムの最初のシリーズを構成している。各作品は、強烈なブルーの合成素材が敷き詰められた、不揃いな石のパターンが表現されたリノリウム板の扉が付いた木製の箱の中に提示されている。「安っぽさ」と「悪趣味」と見做されるかもしれない、この素材の意図的な使用は、贅沢は本質において、どんな芸術形態の中でもそうであるように、ミドヴァニィのメッセージの永続性においては、取るに足らないものだということを表現するために用いたものだ。

ミドヴァニィ、彼女の新しい「サイバー・セクシャル」スタイルは、レジンを用いて美しく入念に作り出され、各彫像(人形)は、特有の髪型を持ち、シンプルな赤いリボン・スカーフをつけている。彼女は、箱の内側に単純に吊り下げられている。コードにぶら下げられて。そして彼女のボディは、部分的に金色の塗料がスプレーされている。また、彼女の足元には、ショッキングピンクの絞り染めのイブニングドレスが置かれているが、それは人形に着せることはできない。この独特な審美的表明は、隠喩に於ける願望の隠された目的(それにより、結局は、フラストレーションが起こされる)を暗示しており、それは、ミドヴァニィイズムのひとつの構成要素となっている。

ボンデージ(束縛・屈従)は、歴史の至る所で、多くのジャンルや作風によって扱われてきた。ことによると、コードにぶら下げられたミドヴァニィの姿から、ボンデージのイメージが呼び起こされるかも知れない。しかし、それは単に、構成要素の一部分に過ぎず、性的な挑発やフェティシズムの表現として用いられているのではない。ボンデージの外観は、束縛や屈従へのサリュートであり、そしてそこに登場する人物は屈するために暴力を加えられるという、それは実際の生活においては成就することが困難な目的を象徴している。さらにまた、全ての不変の女性の女性性が、今回の作品のこの要素と共に、強烈なパラドックスを作り出す《力と屈従》を象徴する表現形式の上に表現されている。

「アウト・オブ・ザ・ブルー」の表現は、このような外観のイメージと、内にある隠喩や象徴性、その両方をとらえることができる。そして、その矛盾を示すことで、ミドヴァニィは、さらにもう一度、潜在意識に訴えるイメージと意味の媒体という両面によって、彼女の不変の探求を表現する。この全体的効果がミドヴァニィイズムの第一番なのだ。

2007年6月    

             ビリーボーイ&ララ BillyBoy* & Lala (渡辺純子 訳)



Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com

English
posted by sumiko at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Cyber Sexual Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

Cyber Sexual Mdvanii No.7 赤い部屋

CSM 7 in red room.JPG

サイバー・セクシャル・ミドヴァニィNo.7は、とても東洋的なムードを持っている。

切れ長の目に少しはれぼったい瞼、漆黒の大きなビーハイブヘアー、ふっくらとした紅い唇。
着物を着せても良く似合いそうだ。淑やかに、色っぽく、そして凛とした芸者の雰囲気すら感じさせる。

私は、彼女を、マチスの絵「赤いハーモニー」の赤い部屋の中に立たせてみたくなった。マチスには悪いが、後ろのご婦人がメイドのように見える。

SW JAPAN コレクション

Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.
http://www.fondationtanagra.com


女神の秘密
posted by sumiko at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Cyber Sexual Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

Cyber Sexual Mdvanii No.6 冷たいエロチシズム

確か「冷たいエロチシズム」という言葉は、私の記憶が正しければ、故澁澤龍彦氏が使い始めたように思う。その言葉を知って以来、私は、そのイメージにシビレっ放しだ。そこには、妖しさ、神秘性、驚きや美が含まれているはずだ。

女優で言えば、シャーロット・ランプリング。私が最も好きな女優の一人である。彼女が主演した「愛の嵐」(1973年)は、ナチズムの狂気とデカダンスな美がテーマであり、過去から甦る倒錯した性の歓びに囚われた美しい女を彼女は演じていた。いまだに忘れられないショッキングな美しさを持つ映画である。その他、1974年の「蘭の肉体」、1975年の「さらば愛しき女よ」など、いずれも彼女の冷たい狂気をはらんだ美しさが印象的だ。

サイバー・セクシャル・ミドヴァニィNo.6 をはじめて見た瞬間から、私は、シャーロット・ランプリングの面影を彼女に見出した。共通するのは、「冷たいエロチシズム」。彼女の魅力を伝えるのに、これ以上ピッタリの言葉はない。

写真は、sumiko-watanabeによるコラージュ。テクニックが未熟で恥ずかしい限りだが、イメージを伝えたいためアップした。

個人蔵

Mdvanii and all related names, and the name BIllyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.
http://www.fondationtanagra.com

CSM 6 in space small.JPGCSM 6 space small.JPG



posted by sumiko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cyber Sexual Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

Cyber Sexual Mdvanii No.5 パンクな女神

サイバー・セクシャル・ミドヴァニィNo.5。彼女の最大の魅力は、そのパンクな前髪にある。
綿菓子のように大きく膨らませたブロンドのビーハイブヘアーに、突き出すようについているダークブラウンとブロンドのメッシュの前髪。まるで、眼(ガン)を飛ばしているかのような凄みのある目つきをしているが、と同時に、育ちの良さと独特のエレガンスを感じさせる不思議な顔だ。

彼女がまとう白と黒の水玉模様のドレスは、「ニュクリア・フィッション」(細胞核の分裂)と名づけられていて、「彼女に滑り込ませる」という意味ありげな呼び名を持つフューシャピンクのシルクサテンの長いサイドトレーンが付いている。

メインの写真は、ビリーボーイが撮ったサイバーなムードを強調したもの。Photo by BillyBoy* 2005
その他の2点は、sumiko-watanabeによる。背景に使っているのは、ダリの絵「変身する女性たち」(1957年)の部分。このサイバー・セクシャル・ミドヴァニィNo.5、パンクな女神のために私が選んだ。

CSM 5 small bis.jpgCSM 5 in dali bis.JPGCSM 5 bis in dali small.JPG

売約済

Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.
http://www.fondationtanagra.com

posted by sumiko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cyber Sexual Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

Cyber Sexual Mdvanii No.4 ジャズエイジのミューズ

CSM 4 space small.JPGCSM 4 full small.JPG

サイバー・セクシャル・ミドヴァニィNo.4。彼女は、喜びと悲しみ、愛と憎しみ、快楽と苦悩、人生の全てを知っている強い女性のイメージだ。

元々、ブロンド女性のイメージを好ましく思っていないビリーボーイは、1989年、最初のミドヴァニィの髪型を黒髪のボブに決めた。以来、ブラック・ボブは、ミドヴァニィの基本イメージとなったが、時代とともに、ヘアーカラーとスタイルのバリエーションは増えていった。

さて、今回のサイバー・セクシャル・ミドヴァニィ・シリーズ7体の中で最も黒髪のイメージが強調され、悪魔的な魅力を具えているのが、このNo.4である。
彼女が、まとうブラック・ベルベットのドレスは、「ローブ・ノワール」と呼ばれ、腰の脇に、突然変異した花のようなフューシャピンクのアクセントが付けられ、その下には、銀河のハリケーンをイメージしたというターコイズとコーラルのシルクサテンの長いサイド・トレーンが付けられている。そして、ターコイズのトレーンには、"Reality of the Bush"(ブッシュ大統領の本質)、コーラルの方には、"Silly and Selfish" (愚かで利己的な)という名前が付いている。ビリーボーイのセンスは秀逸だ!!!

彼女は、まるで、ジャズエイジのミューズのように見える。

個人蔵

Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.
http://www.fondationtanagra.com


posted by sumiko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cyber Sexual Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

Cyber Sexual Mdvanii No.3 アンニュイな女神

どこか遠くを見つめているようなミステリアスな眼差し。アンニュイなムードが漂う美貌の持ち主は、サイバー・セクシャル・ミドヴァニィNo.3だ。
彼女は、1950年代から1960年代に活躍した女優キム・ノヴァクに、どことなく似ている。

彼女を含め、サイバー・セクシャル・ミドヴァニィたちは、皆、19世紀ベルエポックの時代からインスパイアーされた魅惑的な装身具をつけている。それらは全て、ビリーボーイのデザインによるものだ。
胸当て風のユニークなネックレスは、ゴールド・メタルに、淡水パール、イタリア・ムラノの手吹きガラス・ビーズで作られている。

また、ハンドバッグは、ビリーボーイとララが、月夜の浜辺で拾い集めてきた貝がらを利用したもの。エナメル塗料で彩色され、ゴールド・ビーズの持ち手が付けられていて美しい。

CSM 3 scenery small.JPGCSM #3 bis small.JPG

販売可能作品。
お問合せは、info@swjapan.net

Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.
http://www.fondationtanagra.com
posted by sumiko at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Cyber Sexual Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

Cyber Sexual Mdvanii No.2 赤毛の魔女

CSM2a small.jpgCSM 2 space.JPG

ビリーボーイ&ララは、サイバー・セクシャル・ミドヴァニィの制作コンセプトを、フランシス・スコット・フィッツジェラルド(米1896年〜1940年)の小説「ジャズエイジの物語」の中に収められている短編『赤毛の魔女』からインスピレーションを得ている。その中に、『美しい扱い難い女性へのロマンチックな追憶』という表現があるが、サイバー・セクシャル・ミドヴァニィNo.2は、まさにそのイメージであると言ってよい。

彼女がまとうドレスは、白と黒とアシッドグリーンの渦巻き模様が描かれたプリントファブリックで作られており、「ディジー・スペル」(めまいを起こすような魔力)と名づけられている。

気の強そうな、驕慢なムードを持つネコのような顔が何とも魅力的だ。

販売可能作品。興味のある方は、info@swjapan.net までご連絡を。

写真・全身像は、ビリーボーイが撮影したもの。Photo by BillyBoy* 2005

Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.
http://www.fondationtanagra.com
posted by sumiko at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Cyber Sexual Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

Cyber Sexual Mdvanii No.1 天から舞い降りてきた女神

CSM 3 small.JPG

2006年元日。今日から、このブログをスタートする。
最初に紹介したいのが、Cyber Sexual Mdvanii No.1 サイバー・セクシャル・ミドヴァニィの1番だ。彼女は、スイスに住むアーティストBillyBoy* & Lala ビリーボーイ&ララが昨年春、4年ぶりに発表したミドヴァニィ・ドールの新作7体シリーズの1番である。

彼らは、1989年からミドヴァニィ・ドールを作り続けているが、これまで何回か人形本体の材質を変え、進化させてきた。レジン、フランス・セーブル窯のポーセレン、そして今回はコンポジション製(おが屑にニカワや土を混ぜたもの)になった。身長も、それまでの25cmから、幾らか伸び、約30cmになった。
材質が変わった時、いつも感じることだが、顔のメークに筆の伸びやかさがなく、ぎこちなさが見られる。しかし、技巧に頼らない分、純粋さと緊張感が際立ち、作者の思いがストレートに伝わってくるのが良い。

異様に高く盛り上げたブロンドのモヘアのビーハイブヘアー、ベルサーチの色使いを思わせるウルトラ・セクシーな衣装。そのコンセプトは、「乳首とお尻」という。胸を大胆に露出させ、お尻が左右非対称に見えるよう、コム・デ・ギャルソンが1997年に発表した「コブドレス」を連想させる大きなパッドを、片方のお尻の脇に入れているのが特徴だ。一見奇妙に見えるが、不思議なバランス感があり、実に美しい!

初めて彼女を見たとき、正直、腰を抜かしそうになった。噴出する生命力、天へ向かって吹き上げるような強烈なエネルギーに圧倒された。ビリーボーイ& ララが満を持して発表したサイバー・セクシャル・ミドヴァニィとは、単に美しくアーティスティックな人形であるだけではななく、彼女は、生命力への讃歌であり、この世の全てのポジティブなことを象徴する女神のように見える。

写真は、宇宙の画像と合成したもの。ケーキのような雲に乗って、天から舞い降りてくる女神のイメージを表したものだ。
彼女は、私の親友Mさんのコレクションとなり、Mさんの守護神となっている。

今年を良い年にしよう!

Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.
http://www.fondationtanagra.com




posted by sumiko at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Cyber Sexual Mdvanii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする