2015年12月12日

「アラビアのロレンス」ゼドリック "Lawrence d'Arabie" Zhdrick

  Lawrence 1.jpg

「タフでハンサム、肉体的唯美主義と精神性が結合した男性たち。過去の概念による差別や偏見を無視し、愛と平和、創造性、そして美を尊重する男性像」と高らかに創作コンセプトを掲げて生み出されたのが、ビリーボーイ BillyBoy* の男性人形たちであった。彼らがミドヴァニィ Mdvanii の世界に登場したのは1992年。白人のロギィ・ロギィ Rhogit-Rhgit と双子の弟ティームキー Tiimky そして黒人のゼドリック Zhdrick であった。

          ↓の写真は、男性人形の創作コンセプトを示した小冊子。
          Rhogit-Rhogit  brochure.jpg zhdrick in brochure.jpg

彼らは身長約27cm。レジン製。解剖学的に正確さを目指した男性ボディーを持ち、当時、世界で最もセクシーな男性人形と呼ばれ、センセーションを巻き起こした。因みに、ロギィ・ロギィはアーティスとであると同時に水兵であり、ミドヴァニイの恋人。ティームキーは生物学者。そしてゼドリックは黒人美女ディーの弟でありミュージシャン。全員がバイセクシャルという設定であった。

その後、1995年から1997年にかけて、彼らには更なる品質と芸術性の向上が図られ、その身体はフランスが誇る名窯セーブル窯で焼成されたポーセレンによるものとなって生まれ変わった。彼らの身長はレジン時代に比べ少し伸び、28.5cmとなり、その分、足が長い。又、首は左右に回るだけでなく、あらゆる角度に傾けられ、手足のジョイントも改良が加えられ、よりスムーズにポーズが取れるようになったのが特徴だ。又、ボディー・スタイルも更にリアリティーが追及され、セクシーさに磨きがかけられた。

前置きが長くなったが、このポーセレン製の黒人男性ゼドリックの最高傑作と言えるのが、今回ご紹介する「アラビアのロレンス Lawrence d'Arabie」である。
本作品は、映画「アラビアのロレンス」(1962年イギリス映画。デヴィッド・リーン監督。ピーター・オトゥール主演)に敬意を表したもの。但し、本来、白人であるロレンスを、作者ビリーボーイは敢えて黒人のゼドリックによって表現し、又、ロレンスが乗るラクダを馬に置き換えている。

 Lawrence 3.jpg

ブラウンの肌に精悍さと優しさを併せ持つようなブラウンの目、官能的な厚い唇、このゼドリックが着ているのは、白い木綿のチュニックに18世紀のシルクの布地を使用した美しいベスト、白いウールのサウレルパンツ、ウエストには黒革製の編みベルトをしめている。そして頭部にはベージュのシルク製ヘッド・スカーフにヘッド・バンド。左耳にピアス、そして木製のビーズ・ネックレスと「チャーム・サッチェル」と呼ばれる胸に下げる小さな袋を首につけ、右手首にはトパーズ色のビーズでできたブレスレットをはめている。そして白いチュニックとサウレルパンツの下には、身体のラインをくっきり浮かび上がらせる黒いボディー・レオタード。ゼドリックの肉体美を際立たせる何とも悩ましいスタイルである。そしてグレーのスエード製ブーツ。

               Lawrence 4.jpg Lawrence 5.jpg

この他、付属品として、アフリカ人アーティストの作である革張りの馬、乗馬用のムチ、革製の大きなバッグ、18世紀の布地を用いた敷物が含まれる。そして、この作品「アラビアのロレンス」は、赤にゴールドの唐草模様がプリントされた亜麻布にくるまれ、エキゾティックな手編みのカゴに入れられていた。

            Lawrence 6.jpg Lawrencee 7.jpg

心憎い演出が満載された非常に存在感のあるポーセレン製ゼドリックの究極の作品と言って過言ではなく、作者ビリーボーイの男性人形創作への並々ならぬ情熱とこだわりが伝わってくる。
当時、同じテーマで5体制作(全て一点ものの顔と衣装を持つ)され、現在ここにご紹介した1体のみ入手可能である。

                  Lawrence 2.jpg

1997年制作
販売可能品

Photo (C) Sumiko Watanabe

Xmas セールのお知らせ

今回ご紹介した「アラビアのロレンス」ゼドリックを含むミドヴァニィの世界の男性人形たちを、12月19日(土)から、スペシャル・プレゼント付き、超お得なプライスにて販売いたします。
ご興味お有りの方には、カタログをお送りいたしますので、下記までご連絡ください。

Email: sumikowatanabe@lime.ocn.ne.jp



Mdvanii and all related names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com

なお、ミドヴァニィを始めとするビリーボーイのドール・クリエーションの公式サイトは以下のものです。

http://www.mdvanii.ch/en/mdvanii/

Copyright (C) SW JAPAN 2015. Allrights reserved.
posted by sumiko at 23:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | male dolls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

世界で最もクールなティーンエイジ・ボーイ・ドールズ、「テクノ・レイブとテクノD.J.」 "Techno Rave & Techno D.J.”

Techno Rave blog.JPG

ゴールデン・ウィークが始まった。「端午の節句」(5月5日の子供の日)The Boy's Festivalも近い。そこで、前回の記事に続いて、ミドヴァニィの世界のティーンエイジ・ボーイズ第2弾をご紹介したいと思う。

1999年、3人のティーンエイジ・ボーイズ、ミュー・ビックス MUIO-BIXとイシュワーISHWARとジョビーJOBII が日本へ上陸した。

Techno Rave and D.J. blog.JPG teenage boys blog.JPG

彼らは、若々しく、理知的、そして感受性の鋭い内観的な表情をしている。
各人形は、独自のパーソナリティーを持っていて、現実の少年たちのように見える。
そして彼らは、貴方の秘密を知っているかのようだった。
それぞれが、自分のヘアースタイルをもっていて、ロング、又はショート、いくつかのタイプのウールで作られたスタイル。
ラスタ、テクノ、トレンディー、ネオ・グランジ、サイバー・ロマンティック・・・・・・
それらは、ビリーボーイの素敵な新案物だった。

Techno Rave No.4-1 blog.JPG Techno Rave No.4-2 blog.JPG Techno Rave No.4-3 blog.JPG
写真上は、「テクノ・レイブ」ミュービックス

Techno Rave No.7-1 blog.JPG Techno Rave No.7-2 blog.JPG Techno Rave No.7-3 blog.JPG
上の写真は、「テクノ・レイブ」ジョビー

「テクノ・レイブ」(10体限定制作)は、スーパー・メガ・クールな衣装。キルトスカートにピン、下着はつけない。袖なしベストは、毛皮風のベルベット・ファブリック。
グルービーでミステリアスなヤング・ヒンドゥー。そして、ビリーボーイとララの愉快なスティッカー。
ラブビーズ&チェーンのネックレスにメッシュ・メタルのブレスレット。
素晴らしい革製のマウンテン・シューズ。そして色とりどりのソックス。超カッコイイ!!!

Techno D.J. No.6-1 blog.JPG Techno D.J. No.6-2 blog.JPG Techno D.J. No.6-3 blog.JPG
写真上は、「テクノD.J.」ミュー・ビックス

Techno D.J. No.11-1 blog.JPG Techno D.J. No.11-2 blog.JPG Techno D.J. No.11-3 blog.JPG
上の写真は、「テクノD.J.」ジョビー。

「テクノD.J.」(15体限定制作)は、キルトスカートの代わりにポップなプリントのクールなパンツをはいている。

彼らは皆、筒型の箱に入っている。
クーンズ・サイバー・シルバー・フォイルは、「テクノ・レイブ」に、MTVパーティー・ミッドナイト・ブルーは、「テクノD.J.」用だ。
皆、セーフセックスのためのコンドームがついていた。

人形本体はフランス・セーブルのポーセレン製。

◎イシュワーは既に完売。現在ミュー・ビックスとジョビーに数体の在庫が残っていて、只今、大割り引きの感謝セールを実施中。
ご興味のある方には、詳しいご案内をお送りしますので、ご連絡ください。


info@swjapan.net

Photo (c) BillyBoy*
Photo (c) Sumiko Watanabe

Mdvanii and all related names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com

English
posted by sumiko at 00:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | male dolls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

悩める10代の少年 ミュー・ビックス Muio-Bix, teenage boy in the Mdvanii's World

Ete Indian No.2-1 blog.JPG

一雨毎に、若草の伸びる音が聞こえてくるような季節になった。
ゴールデン・ウィークも近い。期間中には、男の子の成長を祝う「端午の節句」(5月5日の「子供の日」)が含まれる。このイベントとは直接関係ないが、The Boy's Festivalという意味合いに因んで、ミドヴァニィの世界の少年たちをご紹介したいと思う。

1995年、ミドヴァニィの世界にキュートなティーンエイジ・ボーイが仲間入りした。ミドヴァニィ Mdvaniiとイーディ Edieの弟、ミュー・ビックス Muio-Bix である。彼は身長約25.5cm、フランスの誇るセーブル窯で焼成されたポーセレン製。ロギィ・ロギィ Rhogit-Rhogit やゼドリック Zhdrick など先発の男性人形たちと同様のボディ構造を持ち、各人形には、それぞれ個性が表現されていた。そして、ボディ・スタイルは、やはり筋肉質でセクシーであるが、大人の男性であるロギィ・ロギィやゼドリックと比べて幾分少年らしさが感じられ、ヘッドとボディのバランスは絶妙だった。当時、作者であるビリーボーイは、このミュー・ビックスを悩める10代の少年像として創作したと語っていた。そして、それは彼らの内省的な顔によく表されていた。興味深いことに、彼らの多くは、どこか東洋的な雰囲気をそなえている。各写真をクリックし、大写しになった彼らの表情を味わっていただきたい。

初版のミュー・ビックスは、5つのファッション・テーマによって制作された。

Ete Indian No.2 -2 blog.JPG Ete Indian No.2 -3 blog.JPG Ete Indian Box blog.JPG

1)インドの夏 Ete Indian 上の写真
ニューヨーク時代のビリーボーイが「ミスター・モダン」と呼ばれ、マスコミの話題をさらっていた頃のプレスクリッピングをプリントしたオープンシャツが呼び物のサマー・ファッション。付属品には素敵なピクニック・セットが含まれていた。

Birthday Party No.7-1 blog.JPG Birthday Party No.7-2 blog.JPG Birthday Party No.7-3 blog.JPG Birthay Party No.7-4 blog.JPG

2)バースデー・パーティー Birthday Party 上の写真
「インドの夏」と同様のオープンシャツが呼び物。バイオレットのスラックスとコーディネートされた。

Jardin Secret No.7-1 blog.JPG Jardin Secret No.7-2 blog.JPG Jardin Secret in box blog.JPG

3)秘密の庭 Jardin Secret 上の写真
ガーデニングをテーマにした作品。非常にフランス的なサロペット・ルックが可愛い!小物にも注目したい。

Bricolo No.4-1 blog.JPG Bricolo No.4-2 blog.JPG Bricolo No.1 in box blog.JPG

4)36−15ブリコロ 36-15 Bricolo 上の写真
大工仕事がテーマ。「秘密の庭」と同様の作業着ルックだ。大工道具も面白い。

Go-go boy No.4-1 blog.JPG Go-go boy No.4-2 blog.JPG

5)ゴーゴー・ボーイ Go-go Boy 上の写真
ウルトラ・セクシーなコスチュームをつけたミュー・ビックスである。
悩殺ポーズと誘惑的な眼差しがたまらない!

テーマ毎に5体から15体のミュー・ビックスが制作され、各作品には、セーフセックスのための本物のフランス製コンドームがついていた。
どのミュー・ビックスも非常に味のある複雑で個性的な顔をしている。そして彼らは、まるで生きて呼吸をしているかのように見える。
悩めるボーイズ、ミュービックスたちよ、その姿は見るものを悩ませて止まない。

人形本体はフランス・セーブルのポーセレン製。1995年制作。

◎現在、まだ、かなりの作品が在庫に残っていて、5月一杯、大割引の感謝セールを行なっています。
ご興味のある方には、ご案内資料をお送りしますので、SW JAPANまでご連絡ください。

info@swjapan.net


Photo (c) Sumiko Watanabe

Mdvanii and all related names and the name of BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com


その他のご案内
ミドヴァニィの世界とは直接関係はありませんが、注目したい展覧会の情報をご紹介します。
「世界創作人形展」 4月29日から5月5日まで、丸善丸の内本展ギャラリーにて。ヨーロッパ、ロシア、そして日本の人形作家、総勢50人の作品が一堂に展示されます。詳細は、
http://www.nonc.jp/worldningyo/index.html



English
posted by sumiko at 02:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | male dolls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

世界で最もセクシーな黒人男性人形 ゼドリック Zhdrick, the most sexy black doll in the world

Pub Anglais 1 Zhdrick.JPG

タフでハンサム、肉体的唯美主義と精神性が融合した男性人形たちがミドヴァニィの世界に登場したのは1992年のことだった。
白人のロギィ・ロギィ Rhogit-Rhogit, 彼の双子の弟ティムキー Tiimky, そして黒人のゼドリック Zhdrick だ。彼らの身長は約27cm、レジン製。解剖学的に正確な男性ボディを持ち、世界で最もセクシーな男性人形としてセンセーションを巻き起こした。
ロギィ・ロギィは、アーティストであると同時に水兵でもあり、ミドヴァニィ Mdvanii の恋人、ティムキーは生物学者、そしてゼドリックは黒人美女ディーの弟でミュージシャン。彼らは全員、バイセクシャルという設定であった。

さて、その後、1995年になると、更に品質と芸術性の向上がはかられ、彼らはフランスが誇るセーブル窯のポーセレンで作られるようになる。
1995年にロギィ・ロギィが、そして1997年にゼドリックが、ポーセレン製になって生まれ変わった。
彼らの身長は、28,5cmとなり、レジン時代に比べ、足が長い。また、首は左右に回るだけでなく、あらゆる角度に傾けられ、手足のジョイントにも改良が加えられた。
ボディ・スタイルもレジン製のものに比べ、更にリアリティーが追求され、非常にセクシーな印象を与える。

Pub Anglais 2 Zhdrick.JPG Pub Anglais 3 Zhdrick.JPG

さて今回、紹介するのは、ポーセレン製になって生まれ変わった第1号のゼドリックたち。
上の写真は、「パブ・アングレ Pub Anglais」と題された非常に貴重な作品である。
肌の色が同じポーセレン製ゼドリックより黒いのが特徴で、2体しか作られなかったもの。
ロンドンのパブの雰囲気をテーマにしたダンディーな作品だ。
彼が身につけているのは、赤いウールのパンツに白いジャージーのプルオーバー、黒いソックス、黒革製のブーツ、黒いボーラーハット、タータンチェックのマフラー。ゴールドのブレスレットが黒い肌に映える。
その他、付属品として、赤い傘、ダートゲーム、新聞、氷とソーダが入ったバケツ等が含まれていた。
ブラック・パンサーのように精悍でセクシー!たとえようもないほど魅力的なゼドリックの逸品である。

この他、彼と同時期に作られた、やはり非常に貴重なポーセレン製ゼドリック作品に、「スコットランドの城の炉辺で By a Scottish Castle Fireside」と、「アラビアのロレンス Lawrence d'Arabie」があった。

Scottish Castle 1 Zhdrick.JPG Scottish Castle 2 Zhdrick.JPG

上の写真が「スコットランドの城の炉辺で By a Scottish Castle Fireside」だ。
やはり英国調のダンディズムをテーマにした作品といえる。
肌の色は、「パブ・アングレ」に比べ、かなり明るい。これがレギュラーのゼドリックの肌色となる。
彼が身に付けているのは、白いジャージーのタートルネック・ボディシャツにタータンチェックのウールのパンツ、お揃いのマフラー、ベージュの革製ブーツ、ボーラー・ハット。そして付属品には、赤い傘、薪の入ったバスケット、新聞、ポケットブック、更に愛らしいペットのイヌまで含まれていた。非常にハンサムで色っぽいゼドリックである。

Lawrence d'Arabie 1 Zhdrick.JPG Lawrence d'Arabie 2 Zhdrick.JPG

「アラビアのロレンス Lawrence d'Arabie」(上の写真)は、ご存知、映画「アラビアのロレンス」をモチーフにした作品。
18世紀の貴重なファブリックを用いた随所に贅沢なこだわりが見られる。究極のゼドリック作品といっても差し支えないだろう。
ボディラインがくっきり見えるセクシーな黒いボディ・レオタードの上に白いウールのサウレルパンツをはき、白い木綿のチュニックに、18世紀のシルク生地を用いたベスト、グレーのスエード製ブーツ、シルクのヘッドスカーフとバンド、木製のビーズ・ネックレスとブレスレット、宝石の飾りが付いたチャーム・サッチェル(胸に下げる小さな袋)などを身につけている。その他、18世紀の布地で作られた敷物、革製の大きなバッグ(中にはセーフセックスのためのコンドームが入っている)、乗馬用のムチ、そしてアフリカ人アーティストが作ったという革張りの馬が、付属品として含まれていた。
エキゾチックで官能的なゼドリックの最高傑作といえる。

これらの貴重なゼドリックたちは、現在、まだ在庫として残っている。
SW JAPANでは、ミドヴァニィの20周年を祝うイベントの一つとして、今回のゼドリック3体を含む在庫の男性人形たち(ティーンエイジ・ボーイのミュー・ビックス Muio-Bix やジョビー Jobiiなど)約33体を通常価格の半額で提供する特別セールを来週からスタートする。

ご希望の方には、セール・カタログをお送りしますので、SW JAPANまでご連絡ください。

info@swjapan.net

Photo (c) sumiko Watanabe

Mdvanii and all related names and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fondationtanagra.com

posted by sumiko at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | male dolls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

世界で最もセクシーな男性人形

male dolls black and white small.JPG male dolls samll.JPG

ミドヴァニィ Mdvaniiの世界に初めて男性たちが登場したのは、1992年の終わり頃だった。
ロギィ・ロギィRhogit-Rhogit, ティームキーTiimky,ゼドリックZhdrick
の3人。彼らのキーワードは、タフ&ビューティー TOUGH AND BEAUTY, 革命的な RENOLUTIONARY, 性的魅力 SEXUAL ATTRACTION, 新しい人間関係 PEOPLE OF TOMORROW, そしてセーフ・セックス SAFE SEXなどであった。

彼らは全員、バイセクシャルだ。
ロギィ・ロギィ Rhogit-Rhogit は、ミドヴァニィMdvaniiの恋人であると同時に、黒人男性ゼドリックZhdrickという同性の恋人を持つ。
ティームキーTiimkyは、ロギィ・ロギィRhogit-Rhogitの双子の弟という設定だった。二人の違いは、目の色。ロギィ・ロギィRhogit-Rhogitがブラウンに対して、ティームキーTiimkyはブルーの瞳を持っていた。

彼らはレジン製。髪には人毛が使われた。
そして特筆すべきは、解剖学的に、かなり忠実な表現がなされた男性ボディを持っていたことである。そして程よくマッチョであり、プロポーションは、決して抜群に良いという訳ではなかったが、それが、かえってセクシーに感じられた。

また、エイズ予防のメッセージを込めた「セーフセックスSAFE SEX」というコンセプトを彼らに担わせたことも、人形の世界において、非常に革新的だった。そして実際、各人形には、付属品のひとつとして、フランス製の人間用コンドームが備えられていた。

国内には、ロギィ・ロギィRhogit-Rhogit, ティームキーTiimky, ゼドリックZhdrich、合わせて50体が上陸した。

first male dolls catalog small.JPG

衣装は、オートクチュール仕立て。本物のポケットにシルクの総裏がついたスエードのジャンパーにジーンズ、白い木綿の下着、編みこみ模様の入ったニットのセーター又は黒いニットのベスト、靴下、そして本革製のスリッポン・シューズと帽子。
ヘアースタイルとカラーには、多くのバリエーションがあった。

バイセクシャル男性の神秘と官能性を品良く表現した興奮に満ちた人形たちであり、女性からも男性からも大いに支持された。特に、肩まであるブロンドのロングヘアーをなびかせ、憂いを含んだ甘いマスクのティームキーTiimkyは、女性ファンの心を掴んだ。
また、当時、内藤ルネさんのご好意で、雑誌「薔薇族」に紹介していただいたことも忘れられない。

レジン製の男性人形は、結局1回のみの制作に終わり、彼らは、今や非常に貴重なものとなっている。手放す人が現れない限り、入手することは不可能だ。

ページ上の2点の写真は、ビリーボーイBillyBoy*によるもの。
Photo by BillyBoy* 1992

Mdvanii and all related names, and the name BillyBoy* is the sole copyright and trademark of BillyBoy* and used with permission click on this link for all copyright information.

http://www.fandationtanagra.com








posted by sumiko at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | male dolls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする