2014年05月18日

松山俊太郎さんの思い出とサイキック・インディアン・ドール Memory of Mr. Shuntaro Matsuyama and the Psychic Indian doll

psychic indian 5.jpg

インド学研究者であり、ハスの研究でも知られる松山俊太郎さんが、5月11日に他界された。83歳であった。
心よりご冥福をお祈りする。

彼は、知る人ぞ知る日本の碩学の一人であり、多くの教え子やファンがおられた。
実は、私も彼の教え子の一人であった。その昔、美学校でインドの「タントラ・アート」の講義を受けたことがある。グレーの髪を角刈りにし、着流しに雪駄履きというのが松山さんのトレード・マークだった。並外れた知性に加え、その粋なスタイルと圧倒的な存在感。私はシビレまくり、勝手に師と仰ぎ、お慕いしていた。
その後、いくつかの偶然と幸運が重なり、又、一時期、お住まいが近所だったこともあって、何回かご自宅に招いてくださったこともある。インドのアートや宇宙論、哲学だけでなく、小栗忠太郎や稲垣足穂、澁澤龍彦等を話題に大変楽しい時間を過ごさせていただいた。そして、何十年にも渡り、付かず離れずのお付き合いが続いていた。

その松山さんとの思い出は数えきれない程あるが、私が最も感動したのは、彼の料理の腕前。忘れもしない、ある年の5月のこと、ちょうど今頃だったと思う。彼から「美味しいものを作ったので夕方遊びに来なさい。」と言われ、仕事の帰りにお伺いすると、何と、タケノコご飯が待っていた!詳しいことは割愛させていただくが、その味は生涯忘れることができない。

そして、もうひとつ、忘れ難い思い出が、このブログのテーマであるビリーボーイの人形と松山さんのことである。
意外と思われるかもしれないが、松山さんはビリーボーイの人形に少なからず興味を示してくださっていた。そして、当然と言えば当然かもしれないが、1992年に発表されたインドの神秘と第六感を象徴した「サイキック・インディアン」に特別な関心を寄せてくださった。私はとても嬉しく思い、日本に上陸させた25体の作品の中から、とりわけ美しい黒髪の1体を選び、彼に贈呈。松山さんの個人コレクションとして所有していただきたいとお願いした。松山さんも喜んでくださり、以来、そのサイキック・インディアンは20年以上、松山さんの人生に寄り添って来たはずである。ちょっと、うらやましい!
その人形を、ここで紹介することはできないが、その代わりに、彼女の仲間たちの写真をトップに掲載した。
因みに、下の写真は、サイキック・インディアン専用のオリジナル・ボックス・カバーである。

          pschin indian box 2.jpg pschic indian box 1.jpg

ビリーボーイの人形を、松山さんに長年所有していただけたことをとても幸せに思う。

松山俊太郎さん、良い思い出を沢山残してくださり、本当に有難うございました。

そして、松山さんを長年支え続けて来られ、葬儀委員長を務められた丹羽蒼一郎さんに深く感謝いたします。

合掌

渡辺純子

Photo (c) Sumiko Watanabe

Copyright (c) SW JAPAN 2014. All rights reserved.
posted by sumiko at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | daily note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

男がスカートを穿いた時 BillyBoy* visited to shock Helsinki

BB_HELSINKI.JPG

今から10年以上前のこと、友人の息子さん(当時小学生)が、スカートを穿きたいと言い出し、友人である母親が私に相談に来たことがあった。彼女によれば、息子さんは女の子になりたい訳ではなく、単に男の子としてスカートを穿きたいのだという。彼女自身、決して彼の自由な精神が分からない訳ではないが、スカートを穿いて学校へ行けば、イジメの対象になることは間違いないので、それを心配し、どうしたものか、ビリーボーイにアドバイスをもらいたいと言ってきたのだった。
それで、直ぐにビリーボーイに電話を掛けて、聞いてみた。その時の彼の答えは、「元々、男性がスカートを穿くということに問題はない。例えば、スコットランドの男性が着用するキルト(タータンチェックの巻きスカート)のように。世界には古来より、男のスカート姿はある。しかし、彼が学校にスカートを穿いて行ったら、周りに与えるショックが大き過ぎると思うので、当分は、学校が休みの日に、キルトスカートを穿かせてあげたらいいんじゃない。」というものだった。

何故、こんな話を突然思い出したかというと、1枚の写真がフィンランドのミドヴァニィ・コレクターから送られてきたからだった。それがトップの写真。
フィンランドの女性誌"Me Naiset" (私たち、女性)の1988年クリスマス号に掲載されたもので、記事のタイトルは「ビリーボーイが、ヘルシンキにショックを与えた」、そして、スカート姿のビリーボーイの写真の上には、「男性たちは、いつも、魅力というものを分かっていない − ビリーボーイのスカート姿への批判」と書かれていた。
因みに生地の全文を訳すと、

皆さんは、ロンドンのオブザーバー新聞が選んだ1989年の『マン・オブ・ザ・イヤー』(実際、ビリーボーイはこの年、彼のジュエリー・デザイナーとしての活動とユニークな個性が注目され、マン・オブ・ザ・イヤーに選出されている)に、どのようなイメージを持たれるだろうか?ボディ・ビルダーのような肉体?はたまた日に焼けてピチピチのレザーパンツを穿いた男?いや、全く違う。キュートなウールのスカートに、ぴかぴか光るエナメルの靴、そして派手なハンドバッグ。アメリカ人のファッション史家であり、デザイナーのビリーボーイ(29歳)は、彼の発刊したばかりのバービーの本の宣伝のためにヘルシンキを訪れた。

ビリーボーイは、オートクチュールに通じており、ニューヨークのメト
ロポリタン美術館へ行けば、彼の驚くべきジュエリーを見ることができる。彼は11,000体のバービー人形を所有していて、そのホビーのためにファッション界で活動をスタートした。
どの女性も皆、バービー人形を少しは持っている。と、ビリーボーイは、彼のラリーグラス(自動車レース用のメガネ)の奥でいたずらっぽい目を輝かせて断言する。


ボクは、エレガンスの内側と外側のバランスに特に興味がある。スタイルとはお金をかけることではない。貴方が、どのように着るかは問題ではない。貴方の衣服の下の貴方がどのようであるかが問題なのだ。

殆どの時間をビリーボーイは執筆に充てている。
書くということは、非常に価値のある活動だ。なぜなら、それは貴方を貴方自身を向き合わせるから。


ビリーボーイは、週に何千もの郵便物をファンから受け取るが、滅多に返事は出さない。それらの手紙の殆どが、バービー人形を柚って欲しいとか、結婚のプロポーズだったり、又はお金を貸してくれないか、といったものばかりだから。
(翻訳協力 ジョエル・サンドバーグ)


若き日のビリーボーイの懐かしい写真だ。スカートを見事に着こなしている。そして、男性がスカートを穿いてどこが悪い? その魅力を理解できないのは野暮天だと言っているかのよう。そして、それは今の時代にも有効なメッセージかも知れない。因みに彼は、今でも時々スカートを穿くことがあるし、その着こなしぶりはトップモデルも顔負けである!

ところで、写真の彼が手にしているのは、当時数ヶ国語に訳された彼のバービーの本"Barbie Her Life and Times" のフィンランド語版。なお、日本語版は「We ラブ バービー」と副題がつけられ、私が監修し、グラフィック社から刊行された。関わった私が言うのも如何なものかと思うが、この本は、バービーとそのファッションにとどまらず、1950年代から1980年代のポップカルチャーにも言及しており、非常にエキサイティングな名著である。発刊に関しては、ビリーボーイの良き理解者でもあったジャクリーヌ・ケネディ・オナシスが大いに力になってくれたと聞く。残念なことに日本語版は現在絶版になっているが、ご覧になったことがない方は、中古でも良いからチャンスがあれば、ぜひ入手して読んでいただきたい。

barbie book.JPG barbie book japanese.JPG

上の写真 向かって左が英語版、右がグラフィック社から発行された日本語版



English
posted by sumiko at 19:45| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | daily note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

雪の中の花 Flowers in Snow

flower1.jpg

日本列島、各地で寒い日が続いているが、ヨーロッパでは更に厳しく、30年ぶりの寒波と大雪に見舞われているらしい。
ビリーボーイとララ BillyBoy* and Lala が住んでいるスイス・ローザンヌ郊外では、連日雪が降りしきり、気温は零下4℃を下回るという。

折りしも、ララ Lalaから素敵な写真が送られてきた。

flower2.jpg flower3.jpg

雪を被った美しい花。一体何という花だろう思っていたら、何と、パーティーやウィンドー・ディスプレーに使用されたプラスチック製の花。
ゴミとして捨てられたものに雪が積もり、それを撮ったそうだ。
まるでポップアート!
アンディ・ウォーホルのシルクスクリーンの花を彷彿させる。
ララLalaのセンスにシビレた。

Photo (C) Lala

posted by sumiko at 22:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | daily note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする